むなしさとともに

暗黒の最中、真実の声が聞こえる。大悲の御声。南無阿弥陀佛

南無阿弥陀佛のおこころ

浄土真宗は南無阿弥陀佛におさまる。

 

こう述べても差し支えないだろう、これで存

在の決着がつくからである。


久遠の願いが南無阿弥陀佛によって成就せしめられるからである。


その故は、信心の体は南無阿弥陀佛、


信心を開き発してくださるは南無阿弥陀佛のお念佛一行。


われらが行はすなわち称名念佛、すなわち南無阿弥陀佛。


往生は念佛往生、すなわち南無阿弥陀佛によって始まり、 遂げしめられる。


これを必至滅度といわれる。


この心は正信念佛偈に親鸞聖人いわく、


帰命無量寿如来、南無不可思議光であり、


さらに助からぬわたくしに引き当てると、 極重悪人唯称佛の仰せになる。


極重悪人唯称佛の仰せ が、すなわち南無阿弥陀佛。


助からぬ汝を必ず往生させる、させずばおかぬゆえ、 わが名を称え、


精一杯いきてくれよ、の大悲の仰せが、南無阿弥陀佛。


ひとこえ称えるばかりで往生させる。させずばおかない。 必ずわが国へ


生まれさせる、の仰せが南無阿弥陀佛と先生は教えて下さる。 まことに


真の知識である。勢至菩薩の化身だと思わずにはおれない。


いつも大悲を伝えてくださる、 生きた先生に遇えた身のさちを嘆ず。

 


なんとわなしに出てくださる一声の称名、声の如来まします。


如来ましますゆえに寂静に帰る。われらはまったくの煩悩具足、 火宅無常の世界に


いるけれども、信の一念に開いたひとすじの光は、 今も輝いているし、


その光は何者にもさえられず、力強く、 南無阿弥陀佛といでて下さる。


国土の名字、佛事を成す。曇鸞大師のお言葉と聞いている。


国土の名字、すなわち南無阿弥陀佛が無佛の世に佛事を成し、 汝をタスケズバオカヌ、


わが名を称えよ、極重悪人よ、と常に喚びかけて下さる。


この仰せに何度でも帰る。帰れば大悲がましまして、 往生を開きたもってくださる。


もはや、この仰せを聞くばかり、憑み、よりかかるばかり。


悪性さらにやめがたし、何度佛法を聴聞しても、 教えのとおり行ずることが


できない。心は誰かを責め、 誰かをモノのようにしか見ることができない。


悪性そのものだ。何度でも出てくる、何度でも起こってくる。 やめられない。


だからこそ、 寿命無量、光明無量の如来がおるぞ、 タスケルゾヤと仰って下さる。


これ以上に何を望みますか?何が必要ですか? ただ助けられるばかりであります。

 


南無阿弥陀