むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

所在

娑婆には自分が自分でおれる場所がない。

 

本当にすべてさらけ出すこともできない。

 

また、

 

自分を受けとめうるものはいない。

 

如来とは浄土であり、浄土は如来であると

 

いえよう。

 

寂滅、寂静、無為涅槃。こういう言葉に

 

心惹かれる。求めている世界である。

 

娑婆に身を置く、属している存在として

 

まことに悲しく、浅ましい限りである。

 

念佛は本願の行である、と法然聖人は

 

仰っている。専修念佛、

 

専ら本願の行を修せよ、念佛せよの

 

仰せに帰す。自分の居り場はこの我が身しかない。

 

浅ましいこの自分にめがけて、わが名を

 

称えよ、と仰っている。

 

本願によって必ず往生を遂げさせて頂くばかり。

 

宿業と本願は決して離れない。

 

藤谷先生の言葉を反芻する。

 

人間であることは痛ましい。

自分は迷いの存在だからである。

 

南無阿弥陀