むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

往生わが分限にあらず、如来の分限なり

いくら頑張っても人間には分限がある。

 

なんぼ考えてもわからない領域がある。

 

念佛の信心起こるは

 

ひとえに法蔵菩薩の願心に依る。

 

念佛往生をたもち、果たし遂げるは

 

ひとえに弥陀の住持に依る。

 

わが名を称えよの仰せに従い、念佛を申し、

 

聞くのがわが分限。善悪わが分限にあらず。

 

ただ赴くまま、流されるまま、

 

専ら聞くばかり。ほかに何もなし。

 

寂しさの穴はあいたまま、むなしさの

 

穴もあいたまま、如来に打ち任せ、

 

ただ念佛を申す。悲しいなら悲しいまま、

 

汝そのまま念佛せよの仰せ、これが浄土の

 

おはたらきであり、いつでも帰るところ、

 

安んじられるところである。

 

悲しみ寂しさむなしさの穴は底知れぬほど

 

深く暗いが、一筋の光まします。

 

もう分からないままでよい。ちゃんと

 

抱かれている。何度でも帰る。

 

南無阿弥陀