むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

本願ぼこりについて

浄土真宗における信心とは、

 

二種深信である。

 

機の深信、法の深信。

 

自身、わたくしは決してタスカラヌ存在で

 

あり、ずっと流転し続けてきたし、今も

 

娑婆に縛られている。悪業を根本的に

 

止める力が欠如していると知らしめられる。

 

善導大師のお言葉は、ここでは略す。

 

だからこそ、わが本願の力で

 

タスカラヌ存在を往生せしめる、わが名を

 

称えよの仰せに帰命する。

 

この二つは全く矛盾しない一つのできごと

 

である。

 

本願ぼこりとは、機の深信が欠けている。

 

造悪無碍の立場でありましょう。

 

言い逃れできぬほど、我が身を照らし

 

い出されたならば、地獄一定、

 

三悪道こそがわが故郷であります。それは

 

哲学、道徳では及ばない人間であることの

 

悲しみであります。人間であることは

 

痛ましく、とても恥ずかしいことであるが、

 

それを忘れて流転している。

 

本願ぼこりのタスカラヌわたくしを

 

かたじけなくも必ず助けずばおかないと

 

大悲くださる念佛のたのもしさよ。

 

本願ぼこりのまま念佛に帰らせて

 

頂きます。ありがとうございました。

 

南無阿弥陀