むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

結果は過程を経る

結果を出さなければならない。

 

ごもっとも。

 

しかし、こうも思う。

 

過程を経ない結果はありえない。

 

時間をかけずに、如何に儲けるか。

 

こういう価値観が大半を占めている。

 

たとえ短期間で結果は出なくても、

 

何度転んでも、立ち上がり続け、

 

這いつくばってでも、前に進む。

 

これが法蔵菩薩のすがたではないか。

 

たとえ遅々とした歩みであっても、

 

苦労したことは容易に忘れない。

 

時が熟せば、実る。実らなくても、

 

見そなわす方がまします。

 

そう信じている。

 

南無阿弥陀