むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

迷い続けている

この世で悟りを開くことはない。

 

煩悩具足の身であるが故に、と

 

親鸞聖人は仰っている。とても悲しい。

 

ただし一つの道まします。念佛往生の道と

 

名づく。煩悩がなくなることはない。

 

因はすでに具足す。縁は刺激、遭遇。

 

果は必然して催される。苦悩する。

 

苦に執着し悩みまた苦しむ。

 

ある時は自身を浅ましく思い、

 

ある時は自分は阿弥陀佛の本願から除かれて

 

いるのではないか、阿弥陀佛には自身を救う

 

ことができないのではないか、とさえ、

 

思う。慢心である。

 

本願力は無碍であり、全く問題にならない。

 

つまりは自分をたのんでいる、拝んで

 

いるのであった。

 

 

煩悩に執着してもだめ、悟りに執着しても

 

だめ。佛道は中道。行ったり来たりで

 

一所に留まらず。如来とは真実であり、

 

有無を離れたものであり、

 

ことばではあらわせない。

 

ことばは、迷いだからである。

 

ただ真実のことばまします。佛語である。

 

南無阿弥陀佛、無量寿佛の御名をたもて、

 

という仰せに帰る。帰れば大悲は智慧

 

すがたをとって即座にはたらいて下さる。

 

必ず往生を果たし遂げる、わが名を称えよ。

 

自身に、自分の心、気分に何の期待も

 

しない。いくら教えを聞いても行ずることが

 

できないからだ。

 

いずれの行も及び難き身と親鸞聖人は

 

述懐なさった。

 

故にわれ、ただ称えよの仰せに帰す。

 

迷いに帰れば本願がおはたらきになる。

 

問題は問題のまま解決される。問題に

 

とどまる必要はない。流れていけばいい。

 

流されぬまことがある。

 

南無阿弥陀