むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

念佛を申す

先生はいつも仰る。

 

今ここで念佛を申し、耳に聞く。

 

親鸞聖人、法然聖人は専修念佛、常念佛の

 

お方であった。現在の浄土真宗では、

 

選択本願念佛を専ら行ずる、

 

無量寿佛の御名をたもつ、念佛行を軽んじて

 

いる。今ここで口に声に出て下さる

 

お念佛を聞く。これ一つであると。

 

本山にお参りしても、念佛は聞こえない。

 

まず自身が念佛に親しむ。これを大事に

 

したい。

 

南無阿弥陀