むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

念佛に極まる

念佛は大悲の相。

 

相に如来の心も行もこもっている。

 

もはや自分の心や有様に囚われず、

 

ただ、わが名を称えよの仰せ、助けずば

 

おかないの仰せを聞き念佛を申す。

 

この選択本願念佛の一行をたもつ。

 

念佛から一切の行が溢れてくるが、

 

一切はわが力で行ずるのではない。

 

如来回向の念佛が起点である。

 

この一行をたもて、行じよ、の仰せに

 

帰命し、念佛聞思せしめられるばかり。

 

ほかに何もないし、期待もしない。

 

迷おうが迷わまいがそのまま託すだけ。

 

仰せが聞こえて下さるだけ。

 

南無阿弥陀