むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

信の純化と柔軟心の成就

他者を批判し、批評するのは簡単だ。

 

自分が問題にならず、外ばかり見ている。




しゃべらないのではない。

 

ただ黙っているのだ。

 


結果を出せば凡夫は黙る。

 


結果は待っていてはいつまでも来ない。

 


結果は準備、動きの果てに成就するものだと信じる。

 


自分が当事者にならず、問題を外から見ているだけではだめで、


具体的な行、表現が問題だと考える。


行じ続ける。たとえ誰から見向きされなくても。誰、は関係ない。

 

大小善悪は問わない。ひたすらに行う。

 

堪えきる。踏ん張る。


如来はみそなわしてくださる。常に念じてくださる。この意を


憶念という。

 


迷っても念佛に帰る。立ち止まっても念佛に帰る。


何度でも、何度でも帰る。


それが信の純化、柔軟心の成就という具体的実践に


つながり、自然に還相回向と顕れてくださる。

 


自信教人信。専修念佛。この如来回向、選択本願のただ一行を


相続し、具体的現実に体当たりしていく。その果てに往生が


遂げられるのであろう。


きっと藤谷先生はこう仰りたかったのだろう、 と深く思慮するのである。


また具体的な師、先生から教受していただけること、ことに深く、


有難く思うのであります。

 


南無阿弥陀