むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

動きを観る 観察、止観

人間の言葉は一見美しく、甘美に聞こえる。

 

その言葉の本質を、その人の言葉がまことか

 

否かをはかるのは具体的なその人の姿、

 

佇まい、行動である。人相や声色、

 

匂いにも、

 

現れる。嫌な気配を感じると、

 

身は自然と距離を置く。近寄り難い。

 

僕は言葉は信じない。その人の行動を

 

観察し、その是非を捉える。

 

しかも、継続持続的にその姿を表し、

 

表現し続ける方がいるとすれば、

 

その人は本物である。たとえ、

 

ことばを持たなくても。

 

一貫した行いを相続させしむるものを

 

その人は持っている。

 

まことの信仰とは、静かであり、

 

一貫相続反復し、

 

かつ、能動主体的、かつ創造的であり、

 

具体的現実において、何らかの姿を摂って、

 

顕現して下さるものである。

 

それを信心ともいい、信念ともいい、

 

如来ともいい、浄土とも名づく。

 

それを総じて南無阿弥陀佛という。

 

南無阿弥陀