むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

挫折の地をおもう

時々苦い思い出のある地を訪れる。

 

少し胸がチクっとする。思い出が蘇る。

 

何もできなかった半年。

 

今の自分が戻ったとしても、きっと太刀打ち

 

できないだろう。でも、そういうだめな

 

自分でよいのだ。自分は自分を一歩一歩

 

進むしかない。ともに歩み、みそなわし、

 

大悲下さる方が常にともにましまして、

 

南無阿弥陀佛と今ここでよんでくださる。

 

僕は今、満足し、安心している。

 

悲しいまま、情けないまま。

 

不思議な如来のおはたらきに毎日感動して

 

日々を暮らしている。額に汗し、

 

娑婆に体当たり、凡夫の身のままに。

 

南無阿弥陀