むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

足掻く

いくら煩悩にまみれているといえども、

 

それは何もしない、傍観し、自分だけ

 

有難がることを肯定する理由にはならない。

 

助からない存在であることを、現実から

 

目を逸らす理由にしない。

 

いよいよ現実を観察し、自分自身に

 

回向された如来の信心を

 

表現しなくてはならない。即ち有縁の行を

 

研ぎ続ける、ということである。お念佛が

 

わがはらわたにまで下っていく。

 

それを通して、ますます如来の本願が

 

明らかになってくださる。

 

だから凡夫であることから逃げない。

 

南無阿弥陀