むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

一向専修

他者は自分の往生に責任をとることはない。

 

厳粛なひとりの問題、代わりは利かない。

 

自分は一向に専ら突き進みたいと思う。

 

何故なら他者は既に助かっているかも

 

しれないが、自分はやはり助からないので

 

ある。ただ何もないわけではなく、

 

明らかな方向があり、行がある。

 

この道を往けばいい。

 

最近、悟りに迷ってきたのだろうと

 

感じる。迷いを忘れて、ずっと悟りを

 

求めて迷ってきたのだろう。

 

幸せの青い鳥はずっと傍にいたのである。

 

迷いに帰ればいい。ここは本願の

 

おはたらきになる場所である。

 

今日は聞法会である。南無阿弥陀佛の

 

大悲を聞かして頂く。

 

南無阿弥陀