むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

悲しみの大地を踏みしめて

極重悪人唯称佛(正信念佛偈)

 

自分自身は決して助からぬ存在であり、

 

無有出離之縁と釘を打たれている。

 

だからと言って、自分だけの救いに留まる

 

ことはできない。そんなものが何になる。

 

見よ。この悲惨で悲しみと嘆きと疲労

 

空虚と差別と崩壊に満ちた眼前を。足元を。

 

何処にも助かった者がいないではないか。

 

念佛を頂いた者は信心を具体的現実に

 

表現し相を現し続ける責任がある。

 

相を現さなければ、浄土を如来を証する

 

ことができない、即ち衆生に届かないからだ。

 

どんなに些細なことでもいい。

 

空き缶を拾う。柔らかいことばをつかう。

 

耐え忍ぶ。学ぶ。試す。機縁の整った者には

 

専ら念佛を勧め、自身も専ら行ずる。

 

善知識に教えを請う。

 

これが具体的相の一欠片である。今自身が

 

試している現実である。

 

凡夫から逃げない。正面から立ち向かう。

 

悲しみを悲しみで終わらせない。

 

いのちを、煩悩をあとずさりなく、

 

燃やし尽くす。これが現世利益である。

 

課題を、問を生き続ける、途中で生き倒れて

 

も微塵の差し障りあることなし。

 

何も問題ない。今すでに往生の中にある。

 

往生は始りがあったならば、

 

必ず遂げられる。必至滅度。

 

南無阿弥陀