むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

無限なる反復

修道とは、修習。

習とは反復すること、連続することです。

 

中略 見が連続していくから修道です。

中略 見が修になって見を完成していくわけ

です。

 

中略 最後の修を通して完成された見は成仏

になるのです。信心成仏です。

 

このように聞くというのはただ聞き流すので

はなく無限に反復する。私は学問というのは

言葉から受けた感動を失わずに無限に反復

する以外にないのではないかと思います。

 

(安田理深先生 親鸞における救済と自証第一巻p129)

 

こういうお言葉に触れると、そうかと

 

改めて感動する。見道を何度も反復し、

 

助からない身に何度でも帰ることが、

 

いよいよ法の深信を明らかにする。

 

反復の道程が自分自身にとっては

 

具体的現実、

他者との関係性なのであります。

 

現実の所作、挙動にまで降りて下さるのが

 

南無阿弥陀佛であります。佛の方が

 

一切を佛縁に転じて下さる。

 

人は光。光と見いだせるか否かは自分次第。

 

本当に大切なことだと思う。

 

南無阿弥陀