むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

とどまる

何というか、宗教的であろうとする、と

 

いうよりは、ただの一個の個体というか、

 

自身というか、そういう処、自分の居り場、

 

足元に帰る、足元を丁寧に掘り下げていく

 

作業をしたい、そんな気がする。

 

信者ではなく、ただのひと。

 

ただのどこにでもいる、だれからも

 

見向きされないすれ違うひと。

 

それが自分であろう、と。

 

全然読めてない本がある。全然知らない

 

世界があり、ひとがいる。不思議なこと、

 

悲しくても何もできないこと、立ち尽くす

 

ほかないこと。そういうことを、たとえ、

 

如実知見できなくても、観る努力をしたい。

 

そんなふうに思う。たとえこの眼が屈折

 

した認識しかできなくても、それを言い訳に

 

して傍観することには幾ばくの違和感が

 

ある。ほんの少しだけ。立派なことはできない。

 

ひっそり在る名無し草のように。ひっそりと

 

一隅を照らす、そんなふうになりたい。

 

この草は煩悩の大地に根を下ろす。

 

南無阿弥陀