むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

薫習

自然(じねん)とは意識にも上がらず、

 

考えることもいらないことだと思う。

 

繰り返し反復する、失敗して、

立ち止まって、また行う。

 

そのサイクルを繰り返すこと、これが

 

薫習、自然でありましょう。

 

身につく。身についたことは忘れない。 

 

こういうことが本当の学問でありましょう。

 

大道を体解して無上位を起こさん。

 

このお言葉にも身の重要性が含まれている。

 

自然、薫習、体解。

 

広く深い示唆が含まれている。

 

南無阿弥陀