むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

静けさ

静けさを希求している気がする。

 

物事が終わり、尽き果てる静けさ。

 

始まる前の静けさ。

 

静かだが、脈打つ静けさ。風雪に耐え、

 

一途に春を待つ桜の木のような。

 

なんとも言えないが、

 

やはり寂静寂滅という言葉が相応しい。

 

寂静寂滅は逃げることではなく、むしろ

 

立ち向かうというか、大地に足をつけて

 

正面から受け取るようなそういう激しさ、

 

逞しさも含んでいるように思う。

 

静かであるが、しなやかであり、品格を

 

伴っており、美しく、瑞々しい。

 

あたたかく、柔らかく、朗らかである。

 

うまく言葉にならないのだが、本当に

 

求めているのは静けさだと思うのである。

 

念佛は寂静の響き、

 

寂静から届いている大悲の言葉である。

 

南無阿弥陀