むなしさとともに

念佛とはむなしさを横超する大行なり。専ら聞くばかり。ともに聴聞しましょう。もろびとみなともに。

助かるということ

念佛称えて助かるのではない。

 

如来を信じて助かるのではない。

 

念佛にまでなって下さった大悲。

 

助かるまじき存在たる我を助け遂げずば

 

おかないとまで誓って下さった

 

大いなる大悲の願心。これを聞く一つで、

 

行信、他力の大菩提心まで回向して下さる。

 

この大悲の願心で必ず往生するのである。

 

念佛は道具ではない。如来の願心の

 

現実的具体的、直接的表現である。

 

助かるのではない。助けられて往生するので

 

ある。助かる縁、手掛かりの尽き果てた存在

 

たる自分いちにんのための南無阿弥陀佛で

 

あったか。かたじけないことよと迷いに

 

帰る。帰ると即本願念佛がおはたらきに

 

なって懐きとって下さる。

 

だから安心である。

 

南無阿弥陀