むなしさとともに

暗黒の最中、真実の声が聞こえる。大悲の御声。南無阿弥陀佛

念佛に打ち込むべし

わが思いはからいに囚われることなく、

 

ひたすら一途に専ら念佛すべし。

 

念佛は大悲のかたちなり、

 

かたちなきものがかたちをとってあらわれて

 

くださったまことのかたちなり。

 

念佛の出処はすべて法蔵菩薩の願心。

 

一念一刹那も清浄ならざることなし。

 

されば、何のはからいもなく、ただい出て

 

くださる念佛を仰ぎ、聞かしめられるばかり

 

で本当に満足であり安心である。

 

南無阿弥陀

 

煩悩を憎むのではなく、よく観察し、

 

それを縁に念佛する。そうすと、広々とし、

 

だからこそ如来ましますことをいよいよ

 

憑むのであります。煩悩はまことに

 

盛んでありますが、かねて如来はしろしめし

 

てまします。