むなしさとともに

暗黒の最中、真実の声が聞こえる。大悲の御声。南無阿弥陀佛

何が燃え続けているのだろうか

夢を見た。

炎が燃えている。

この炎は自分が点けてしまったのか、

他者が蒔いたものなのか分からない。

忽然と点いたものである。


何が燃えているのか分からない。ただ、

燃えているそのものは自分が拵えてきた

ものに違いない。ひどく黒ずんでおり、もうすでに焼け焦がれ、爛れているような、

そういうものに見える。

映像としては、ごみの山に近いのだが、何かはわからない。


一生懸命に何度も何度も消そうとした。が、全く消えない。

炎自体が問題ではなく、すでに自分の中に莫大な可燃物がある。

無始以来、自分が拵えてきたもの、今も拵え続けているもの、両方がある。

これが大きな問題なのである。

燃えうるものがなければ、きっと炎は燃えない。

いつかこの炎は止むのだろうか。

それとも全て燃え尽きたとき、はじめて鎮まるのだろうか。

今、ここにいる自分には無始以来の炎と燃えうるものが確実に在る。それは確かだ。

これは他人事ではなく、自分自身の致命的な問題なのである。

問題はいつも内に在る。

南無阿弥陀