むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter(@oujouwogosuru)

念佛に何度でも帰れ

迷いは死ぬまでとれないと親鸞聖人は仰る。

 

だからこそ助けるの仰せ、即ち南無阿弥陀佛、念佛に帰れ。

 

そこにはいつでも大悲が待っている。

 

何度でも信の一念を繰り返す。

 

難儀で救われようのない現実を堪えしむる、

 

これが念佛の大悲である。

 

南無阿弥陀