むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter(@oujouwogosuru)

不可思議光如来

 

無量寿如来に帰命し、

 

不可思議光に南無したてまつる(正信念佛偈)

 

聴聞の場に座らせて頂くと、ふと、思う。

 

なんで阿弥陀佛の本願を聞いているのだろうかと。

 

なぜ今、この場にいるのだろうと。

 

全く分からない。

 

しかし、佛法に照らされるところの自分は

 

正しく凡夫と言われる存在であることは

 

言い逃れできない。

 

この一点は、もはや否定できないし、

 

否定する力みを如来に奪われてしまった。

 

或いは何度湧いてきても、その都度念佛に

 

帰して下さる。

 

疑いを除き証を獲しむる真理なり(顕浄土真実教行証文類 総序)

 

凡夫とは如来が人間を言い当てた智慧の言葉だと聞いている。

 

南無不可思議光如来

 

思いはからいを破って下さる不可思議なる

 

智慧のおはたらき。

 

そのおはたらきに帰順し、今はただ念佛を

 

聞かしめられるばかり。

 

全く不可思議なことだと思う。

 

 

南無阿弥陀