むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter(@oujouwogosuru)

主体性の回復

 主体性は純粋な願望から生まれる。

 

本願は純粋、即ち一心である。

 

信心決定とは、存在の回復、

 

捨てたくなるような人生を奪い返すと、

 

和田先生は仰った。曽我量深先生は、

 

物質に精神が支配されているのが、

 

我々の通常の有様だと仰っている。

 

如来の本願を信ずることによって、

 

精神が肉体の支配を受けず、精神が自由に生

 

きていく、と。

 

自分の言葉にすれば、息をふきかえした、

 

生き返ったのであります。

 

煩悩に隷属しない、躰は縛られても

 

わが根幹は自由である。

 

それが如来ともにまします、ということだと

 

体解します。

 

今はちょうど三年半が過ぎた。

 

往生とは、本願の大悲によって、

 

日々あらたに生まれ続け、深まり続けるもの

 

であります。発見と驚きと感動と懺悔、

 

悲しみと歓喜の繰り返しであります。

 

まことに念佛の尊さを有り難く思う。

 

南無阿弥陀