むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter https://twitter.com/oujouwogosuru?s=09 

十地の階梯②歓喜地 不活の畏れなし

参考 大乗仏典⑧十地経(荒牧典俊訳)中央文庫

歓喜地 p42 五種の不安の解消

(1)生活していけるかどうか

(2)名声にありつけなかったらどうしよう

(3)死んでしまったらどうしよう

(4)苦悩に満ちた存在に生まれるかもしれない

(5)説法会にあって、おどおどしたらどうしよう


(1)を考察する。


かの人は体験する。一切はたよりにならぬもので

あると。信じるより先に信じていたものが、

実はわが心に到達しないものであることを。


すべては本当に自分を救う力なきものたるを

痛切に感じるとき、まことの大悲に遭遇する。


大悲如来とそれ以外の違いが分かる。


まことがわかるとは、まことでないものが

わかること。


煩悩貪欲は燃え盛るが、燃えぬもの、侵されぬ

道がある。念佛の道。


もはや生活はなるようになればよし。


今、目の前にある、身の回りにあるもので充足

している。何度煩悩が起きようとも、

戻れる場所と時がある。業報は嫌だが、

受けねばならぬ。この生存が最期。悪報も

頂戴致す。何度でも念佛に立ち帰る。


故に生活におそれなしという。


南無阿弥陀