むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter https://twitter.com/oujouwogosuru?s=09 

十地の階梯④明地 多聞決定

参考 大乗仏典⑧十地経(荒牧典俊訳)中央文庫

p104

般若の智慧なるものは、教えを聴聞することにはじまると思惟して、

そのように知って、菩薩は勇猛に努力をはじめる。

原文の書き下しを添える。


無礙解脱等の諸の仏法は、何をか以て本と為すや。

聞法を離れざるを本と為すと。


仏法とは、何を聞くのか。

何を浄土真宗とするのか。

南無阿弥陀佛、即ち、佛の名号を以て、

経の体とする、と親鸞聖人は、

顕浄土真実教行証文類、教文類にて、仰る。


佛の名前。


名前には、願い、こころが籠もっている。


意味がある。確かに、一瞬かもしれぬが、

確かに、その時その場所にあったこころである。

人の名前もそうだろう。況や如来をや。

如来のお名前を尊号という。無量寿佛とは

久遠の佛である。



南無阿弥陀佛。この言葉を称え、耳に聞くところに

浄土のはたらき、如来そのものが現にまします。


何があろうとあなたを離れない。

永遠に離れぬ。大切に想う。愛おしい汝よ。



念佛は如来直説法と先達は教えて下さる。

この一声を聞く。念佛のおすがたを選び摂って

下さった大悲を聞く。

このことを多聞決定という。大悲が不退である。

南無阿弥陀