むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter(@oujouwogosuru)

連鎖を終わらせる

苦悩、すなわち思い通りにならないこと。

これに対峙した時、逃げたくなる。恨みたくなる。

言い訳をしたくなる。他者のせいにしたくなる。

つまり、自分の問題だと背負いたくないのだ。

あまりにも問題が重すぎて背負いきれない。


そうすると、不平不満、愚痴、悪口が溢れ出す。

観察するとよく見える。

一歩引けば構図が見える。


問題は何も解決しない。一歩も前に進まない。




宿業という言葉がある。これは、今を自分の

迷いの歴史の最先端と認知する智慧の言葉である。

本願とは宿業を背負い切らせてくださる、

大地であり、かつ、足である。

この足は砕けない。くじけない。ただでは

転ばない。転んだところに光を見出す。


恨むことなかれ。比べることなかれ。

怒ることなかれ。

如来汝とともにまします。

このことがまことであり、この大悲はあらゆる

人々と有情に絶え間なく分け隔てなく、常に

降り注いで下さって、今、ここに念佛にまで


なって、そのすがたをあらわして下さる。

まこと無限大悲。本当に尊いことである。


恨みと不安を消化する。自分で終わらせる。

次に繋がない。踏み堪える。堪えきる。

大地が踏みとどまらせて下さる。


このことが念佛往生の真髄だと思う。


もしも、苦悩に涙を流し打ちひしがれても、

念佛を申しつつ、生きていく人がいるのならば、

その人はまことの人でありましょう。



「一隅灯照の人類の宝であります」


藤谷秀道先生の言葉を思い出すのであります。




大悲無倦常照我身


南無阿弥陀