むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter(@oujouwogosuru)

必帰最勝直道

大聖一代の教、この徳海にしくなし。

穢を捨て浄を欣い、行に迷い信に惑い、心昏く

識寡なく、悪重く障多きもの、特に如来の発遣を

仰ぎ、必ず最勝の直道に帰して、専らこの行に

奉え、ただこの信を崇めよ。
顕浄土真実教行証文類序 親鸞聖人)

なぜ生まれてしまったのか、

何をしにここに来たのか今もよくわからない。

ただ、念佛は最勝の直道であると親鸞聖人は

教えて下さった。

そして、専ら念佛に仕えなさいと勧めて下さる。

専修念佛の道。如来からの道。浄土から来た道。

必帰最勝直道、漢文でこのように残して下さり、

今、ここで、念佛を申す。

念佛の目的は念佛。ここに意味を挟む必要が

ない。ただよきひとのおすすめに従い、

如来の名を称えるばかりで、何もない。

助かるか助からないかは知らない。

タスケルは如来の仕事。

タスケラレルはわが分限。

分限に従い、念佛聞かしめられるばかり。

むなしさは今も止まない。止まないまま

徳海に流れ、見えなくなり、忘れては、

また流れていく。むなしさはむなしさのまま

解決される。なくなるわけではなくて、要らないと

思っていたものが、実は大切なものだったので

あります。


南無阿弥陀佛 帰依三宝