むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter(@oujouwogosuru)

教行信証

春が来れば桜が咲く。

桜は冬の間も根を静かに張っている。


淡々と、静かに。着々と、確実に。


根を張り続ければ、自ずから時が来れば、

花は咲く。咲かそうと意図しなくても咲く。


だから、すべきことは原点、基礎、基本を

反復して身につけ、現実に教えを体現すること。


我が名を称えよという本願、これが原点。

無量寿仏の御名をたもて、これが教え。即ち、

恒沙の勧め。

教えに沿って念佛を申すこと、これが行。

自身が凡夫であること、それを助ける本願

ましますことを念佛によって、

信知せしめられる、これが信。


念佛を申しつつ、信に育てられ、

現実を生きていくこと、

これが念佛往生。

念佛往生の必然的終着として、滅度に至らしめる、

証果。

繰り返し教えの薫りを身に浴びて、

念佛を蒙りたいと思う。

迷ったら、原点に帰り、教えに従い、

行ずればいい。そこに自ずから信心が発起

せしめられる。その信心が証果に至らしめて

下さる。

念佛に帰れ。何度も、何度でも。

南無阿弥陀