むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter(@oujouwogosuru)

念佛がはたらいて下さる相とは

とるに足らない会話。

掲示を見てくれたこと、好きなドラマを

教えてくれること。アドバイスを聞き入れて

下さり、具体的に物事が変わる可能性を

感じること。


音響忍という言葉もある。何を感受するかは、

自分次第なのだろう。



ストロークという概念がある。

存在認知の一単位だったろうか。

つまるところ、人を認知し、実際に

声をかける、やりとりをする、ということだ。


本人は何も思わないかもしれないだろうが、

僕にとっては、有り難いことだった。

 
念佛はいうまでもなく、大切であり、

憑むべきは阿弥陀如来、依るべきは念佛一行。

揺るぎないことである。


しかし、念佛が生きてはたらく場所は、

この自分の身なのである。この身にはたらいて

下さるというならば、具体的には、自身の生活、

即ち社会生活、人間関係に、言葉に、眼差しに、

忍耐に、現れなければ、本当に生きたはたらきで

ある、とは言えないのではないだろうか。


諸々の衆生と共に、時を過ごし、涙を共にする。

共に苦悩の衆生である、ここに大乗の本質が

あり、本願が僕を、他の衆生も諸共に

支えて下さるのではないか。

大悲は無辺なのである。

諸仏称揚の願。誓いの念佛。

至心信楽の願。機に起こる信心。

また共に尋ねていきましょう。

南無阿弥陀