むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter(@oujouwogosuru)

不退転の意義

一切は移り変わる。

 

このことは終末のように思っていたが、

 

違う。自然な流れであり、

 

健全な流れである。

 

ここまでのことは考えてもみなかったが、

 

まず資金に関しては、窮することはない。

 

何故なら継続して蓄積してきたものがある

 

ので、防衛資金も確保している。

 

 

その日暮らしのような安易さは持てない。

 

ここは娑婆だから。火宅と言われるところ

 

だから。

 

ずっと準備してきた。

 

だから、何も心配いらない。

 

これが尽きて死ななければならないなら、

 

それもよし。何も問題ない。

 

あとは見透しのないこの状況がどのくらい

 

続くのかだが、所詮無常である。

 

必ず移り変わる。だから、粛々と

 

日々の務めを果たすだけで、日常と何ら

 

変わらない。

 

やることが多少増えたくらいで。

 

皆、死ぬのが怖いのだろうと思う。

 

その点において、正定聚不退というものは

 

全く憂慮するものが何もない。

 

本願が不退転であれば問題ないからだ。

 

大悲常にともにまします。その証が

 

一声の念佛である。

 

今、ここに、現れて下さる。決定往生。

 

 

焦らず、浮かれず、しっかり念佛の大悲を

 

尋ねていく。一日一日をいつ死んでもいい

 

ように過ごすだけだ。

 

何一つ慌てるものはない。