むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter(@oujouwogosuru)

不退の位

摂取のうえには、ともかくも行者のはからいあるべからず候う。浄土へ往生するまでは、不退のくらいにておわしませ候えば、正定聚のくらいとなづけておわします事にて候うなり(ご消息集 親鸞聖人 p590大谷派聖典

 

助かるとは、どういうことか。

 

実は助かるのではない。

助けられて往生するのである。

 

助けられることを摂取不捨という。

 

 

摂取不捨を不退という。

 

何が不退なのか。不退に二つの側面あり。

 

一つに、自身が決定して凡夫であるということ。

 

二つに、だからこそわが名を称えよという

 

大悲の誓願がかかっている故に必ず助けられ

ること、

 

その証が今、口に称え、耳に聞こえて下さるところの南無阿弥陀佛であること。

 

もはや、念佛の一行のほかに道なし。

 

諸仏善知識のおすすめ下さる、この念佛往生の道に

 

全託し、赤子丸腰の如く、ただ佛の名を称え

 

させて頂くばかり。

 

 

 

 

 

このことを行者のはからいあるべからず、と

仰られていると感ず。

 

決定とは動かないということ、一、ということ。一故に躊躇なく、戸惑いもなし。

 

見えているのは、目のはたらきではなくて、

光が至り届いている故に、見えるのであります。