むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter(@oujouwogosuru)

浄土真実の行

大行とは、すなわち無碍光如来の御名を称するなり。この行は、すなわちこれもろもろの善法を摂し、もろもろの徳本を具せり。極速円満す、真如一実の功徳法海なり。かるがゆえに大行と名づく。しかるにこの行は大悲の願より出でたり(顕浄土真実行文類)

 

親鸞聖人は、行文類の初めに、念佛を浄土真実の行と仰っている。

 

このことは先日、先生より改めて教えて頂いた。

 

浄土真実の行。このことは重大なことだと感じた。

 

十七願のことを大悲の願と仰っておられる。

 

聞くところは、十七願、得るところは十八願と聞いたことがある。

 

この念佛のすがたまでとって下さった大悲の御心を聞く。

 

このことを尋ねていく。

 

浄土真実の行とは、浄土のはたらきということでありましょう。