むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter https://twitter.com/oujouwogosuru?s=09 

名をもって接したまう

我が弥陀は名をもって物を接したまう。ここをもって耳に聞き口に誦するに、無辺の聖徳、識心に撹入す。永く仏種となりて、頓に億劫の重罪を除き、無上菩提を獲証す。信に知りぬ、少善根にあらず、これ多功徳なり、と。(元照律師 弥陀経義の文 顕浄土真実教行証文類 行巻)

 

一声一声、如来のおでまし。

一声一声、浄土真宗

 

木村無相さんの詩だったろうか。

 

こえにつきて決定往生のおもいをなすべし、とは法然聖人のお言葉。

 

名をもって衆生を摂取する。

 

逃げるものを追わえとる、いだきとる、

 

大悲する、諦めない。

 

本願もっとも強しと善導大師は仰る。

 

この一声を聞きなさい。

 

一声にまでなって下さった大悲の御心を

 

聞くよりほかに聴聞はない。

 

南無阿弥陀佛とは、助ける助けるの仰せ、如来の直説法なるぞ。

 

師のおすすめを頂くより、ほかにわれ道あることなし。