むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter https://twitter.com/oujouwogosuru?s=09 

金剛不壊

たとえば金剛は百千劫において水中に処して、爛壊し異変なきがごとし。菩提の心もまたかくのごとし。無量劫において生死の中·もろもろの煩悩業に処するに、断滅することあたわず、また損減なし。

顕浄土真実教行証文類 信巻 親鸞聖人 大谷派真宗聖典p2 2 2)

 

阿弥陀如来回向の信は、煩悩にもさえられず

 

悪業にもさまたげられず。

 

涅槃の真因はただ信心をもってす、との

 

親鸞聖人のお言葉。

 

煩悩が信を侵食することはできない。

 

質が違うからだ。信は浄土に属すると先生は

 

仰った。

 

信のはたらきは、汝正に凡夫なり、と信知せしめて下さるもの。

 

そして、だからこそ、決定してわが浄土に必ず往生せしめん、という法のはたらきも同時に信知せしめて下さる。

 

凡夫であると知らしめられることが、救いの中身である。

 

これはどうやっても助からない、道がないということと同義であるが、

 

不思議なことに、決定とは安心なのだ。

 

底まで落ちると、大地があり、足を下ろすことができる。

 

常に念佛せよという本願に立ち返ることが、

 

念佛往生の中身である。

 

往生とは反復である。

 

無限なる反復をもって涅槃に至らしめられる。

 

如来の不可思議なる誓願、釈迦如来の底なき

 

慈眼と大悲方便で決定して、浄土に往生せしめられる。

 

大悲は脈々と伝えられるのだ。

 

諸仏の伝統によって。諸仏とは如来の本願に

 

助けられ、感動していった方々のことであります。