むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter https://twitter.com/oujouwogosuru?s=09 

聞名の念佛

南無阿弥陀佛とは、佛の名である。

 

このことを疎かにしているのでないかと思う。

 

念佛を申すというのは、佛の名を称えることであり、称えることは即聞くことである。

 

自問する。

 

佛の名を称えるような心が自分にあるか?

 

否、皆無である。

 

どこをどう探してもないのであります。

 

観無量寿経釈尊が仰る。

 

汝好くこの語を持て。この語を持てというは、すなわちこれ無量寿仏の名を持てとなり。

 

真面目になれ、煩悩を断じなさい、とも仰っていない。

 

汝、念佛せよ、との仰せ。

 

最もお世話になっている先生は常に教えて下さる。お念佛は聞名である、と。

 

お念佛は如来の直説法であると、松並松五郎という方は仰ったそうだ。

 

今、称えさせられ、聞こえて下さるお念佛のほかに本願の念佛はないと感ずる。

 

助からぬ身に乃至十念若不生者不取正覚と誓願がかかっており、今、ここで、この身に、南無阿弥陀佛と聞こえて下さるではないか。

 

お念佛は行住座臥不問時節久近、親鸞聖人は大悲の願からい出たる、浄土真実の行と仰って下さる。つまり、自分の行などではない。

 

もしそうなら、過去世に佛の名を称えたことがあったなら、今ここには存在せずに、存在することが終わっていただろうから。

 

専ら釈迦弥陀二尊の仰せに随順するのみ。

 

南無阿弥陀