むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter https://twitter.com/oujouwogosuru?s=09 

今年のふりかえり

昨日は仕事納めで、大過なく終えることができました。

 

なかなか忙しかった一年、光陰矢の如き年でありました。

 

少し確認したいので、つらつらと書いてみたいと思います。

 

1月 アシスタントが退職、自分は体調不良で発熱、PCR検査、陰性であった。 

 

2月 新しい会議体を主催、業務が追加となる。

 

3月 新しい読書会の機会があり、参加。決算月への準備を進める。

 

4月ー5月 忙しくて何も覚えていない。毎月の読書会にも参加できなかった。有縁のお寺にもあまり行けなかった。

 

6月ー9月 少し落ち着く。企画と他部署支援の業務が増える。アプリ管理者を担う。異業種交流も段取りする。新しい決済手段のテストを実施、完了。みちのかいの準備。

 

10−12月 新しい決済手段の本稼働。RPAのテスト。業務改善を進める。10月末に第5回みちのかい、無事閉会。社内研修があり、対応。

 

正直、あまり覚えていないんですよね。本当に。これは昔からですが、幼い頃の記憶がほぼないし、大学の記憶もあまりない。

 

社会に出てからの方がまだ記憶がある気がします。まぁ、色々なことがありました。

 

 

身体的に多少無理したみたいで、ダウンもしましたし、最近も健康診断で引っかかりました。

 

一番悪かった項目について、昨日検査を受け、問題ないと医師からお言葉を頂きました。

 

自分は痩せすぎで、高校生くらいから、ずっと今くらいの体重です。来年は筋肉を増やして、体重を増やせるようにしたいと思います。目標60キロ、あと5キロ増やさねば。

 

39歳にもなると、身体的な無理が徐々に効かなくなってきつつあります。ただ、思考については、後ろに引いて全体を俯瞰したり、論理的に整理したり、利害調整に注意を払ったり、と、20代の頃とは違う観点を得つつあります。

 

多分、年の功というやつだと思います。

 

真宗に関しては、分かったつもりでやってきたのですが、【何にも分からない】ということがいよいよ知らされるばかりで、

 

今年もできるだけ聴聞に身を置くということを心がけてきたのですが、ほとんど内容がなんであったかは忘れています。

 

ただ、言えることは、【念佛申さざるを得ない身を忘れるな】と【常に念佛しなさい】ということを教わった気がします。

 

真宗の信心は、他力回向の信、これはなんぞやといえば、念佛の信心。念佛申さんと思い立つ心。

 

自分には念佛を申す心が微塵もない。信心が無い。

 

これが真実信心天、智慧の光明のおはたらきであろう、と思うのです。

 

信心を行信と申します。これは念佛の信心であります。

 

先述の通り、結構忙しいです。仕事は裁量権を持ちたいし、指示されるのは好きではないので、できることを考え、実際に進めて行きます。

 

ただし、これらは【夢幻の如し】ということは一方ではわかっているわけです。でも、何もしないわけにはいかないので、やはり、具体的に動きます。現身がありますからね。自他ともに問題が沢山あります。

 

まとまりませんが、おかげさまで、何とか一年を過ごすことができました。このブログをどんな方が見て下さっているのか、存じ上げませんが、ありがとうございました。

 

 

引き続き宜しくお願い致します。

 

憑むべきは弥陀如来、依るべきはただ念佛一行。南無阿弥陀佛一つをたもつ、たもつとは称えつつ聞く、これ一つです。

 

寒くなりました。くれぐれもご自愛下さい。よい年末年始をお過ごし下さい。

 

ではまた。

 

南無阿弥陀