むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

ひかりが必要

人が、何かを待つことができるには、ひかりが必要だ。

 

ひかりとは希望。

 

将来、こうなるかもしれない。よくなるかもしれない。

 

夢ともいうのだろう。

 

おそらく、親鸞聖人の教えにおける、光明には、

阿弥陀如来の光明だけではなく、菩薩の光明も含まれている。

 

そして、菩薩の光明とは、衆生に生きる希望を与え、何とか、

聞其名号の一念まで、持ち堪えさせることだと感じた。

 

その菩薩の光明と阿弥陀さんの光明、そして、選択本願念仏の

名号によって、衆生は自分から自由になるのだと思う。

 

それであれば、自分の役割は、そのひとに一筋でも、かすかでも、

希望を感じうるようなことを行ずるのみ、ということだと思う。

 

このことは、大きな気づきだった。

 

ひかりがあれば、人は堪えることができる。待つことができる。

阿弥陀さんのひかりは衆生には見えない。

しかし、菩薩のひかりならば、衆生に体感させうる。

菩薩のひかりとは、きっと行だ。今生での行、そのもののはずだ。

 

すべきことは、定まった。

あーだ、こーだ考えるではなしに、よろこびそうなことを

行ずる。

その先に、きっとひかりを感じてもらえるはずだ。