むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter https://twitter.com/oujouwogosuru?s=09 

「伴なるわれら」と【念佛往生】

信仰は硬直してはならない、確固とすべきである。硬直した信仰は狂信的となり、確固とした信仰は寛容である。信仰の確固としていない人は硬直したドグマに両手ですがりつく。これに対して確固たる信仰をもつひとは両手は自由で、その手を他の人々にのばし、その人々と実存的に交わるのである。

 

苦悩の存在論p200 VEフランクル

 

最近はブログへなかなか気持ちが向きません。なぜかツイッターが主になっています。

 

以下は、今日のツイートの補足です。

 

僕は我執の根本は「不安」だと思っています。言い換えれば「未決定」です。

 

未決定ということは、揺らぐということ、躊躇ということ。それは、不安定であるということ。

 

一方で、摂取不捨の利益により、凡夫の位に定められる、これを【正定聚不退の位】とも言われます。真宗親鸞聖人の教えと七祖との違いはここにあり【現生不退】と言われます。

 

不退転とは、菩薩の階梯、歓喜地、必ず佛に成ることが定まる位を指します。故に大いなる歓喜が起こるそうです。授記を受けるとも言われるようです。【汝は必ず佛に成るであろう、と佛様から予言を授かること】です。

 

ここに躊躇はない、言い換えれば躊躇は躊躇のまま力を失うということです。

 

不安定である故に、何かにすがろうとする。これは「会社」かもしれないし、「家族」かもしれない。「財」かもしれないし、「地位」や「健康」かもしれない。

 

「」群に共通する問題は「無常なるもの」ということです。

 

無常とは道理であり、法則なので、何人も何ものも回避することはできません。

 

だから、「」群をかき集めようとしたり、必死に守ろうとするわけです。しかし、どうやっても守りきれない。

 

なぜかというと「自分は有限ないのちを生きているから」です。

 

僕の体解するところ、「」群は「蟹の足」のようなものです。何本もあるので多少なくなっても横に歩き回れる。しかし、胴体からもげるわけです。

 

最後に残るのは「自分」という胴体のみであり、それが「我執」であり「我が身」であります。

 

故に、我が身を守ろうとすることが、煩悩としてはたらき、露わになる。大切なものだから、守ろうとする。そして、白黒がつく。傷つけ、傷つきあう。

 

これが、フランクルの文でいうところの、硬直の内実だと感じます。群れることをドグマを作ると言うのでしょう。

 

一方で、寛容さとは、柔軟性であり、満ち足りているということがある。

 

たとえ、手許にあるものを失っても、涙を流し、歯を食いしばりつつも、過ごしていく。佛様ましますところから、堪えさせるという力を頂く。わが力にあらず、です。

 

すでに今与えられている光を仰ぐ。無上の光は南無阿弥陀佛。

 

南無阿弥陀佛と言っても、お互いが今ここで称えさせて頂く大悲の念佛のほかに南無阿弥陀佛はどこにも何にもない、と思うのであります。

 

師から【具体的に、自分に引き当てて考えなさい】と教導を受けている。大事なことと思う。

 

すなわち、南無阿弥陀佛ひとつをたもつ、ということであります。ここに自ずから寛容、柔軟心が与えられてくると思うのであります。

 

さきほど、スーパーに買い物に行き、両手にいっぱいの荷物を抱え、歩いて帰りながら思いました。

 

あぁ、自分は凡夫であるけれども、佛菩薩だけでなく、諸々の衆生の功徳を捧げて頂いて、今ここを歩いているのかな、と。

 

縁起とは、すなわち、関係性であります。

 

功徳を頂く価値のない者が数え切れないあまたの功徳を頂いて、39年間生きてこれたのだ、と。

 

最後の実存的に交わる、ということは、僕の感ずるところは、念佛往生であります。

 

念佛往生とは【南無阿弥陀佛から直接の教化を蒙ること】、

 

すなわち【お育てに与る】ということ、であります。

 

フランクルという方の言葉を通して、改めてお育てに与ることを思い直した次第です。

 

お育てに与る故に、いしかわらつぶての如くなるわれら、というものが朧げに観えてくるのだと思います。

 

目は光まします故に見えるのであります。光の力用は見せるということ。見えるということにおいて、見せてくださる光を仰ぐのであります。

 

南無阿弥陀

 

 

【続】ということ

年が明け、何となく頭によぎったのが、【続】という言葉です。

 

この言葉を2つに分けて考えます。

 

①続けるということ

②続いていくということ

 

①【続けるということ】については、この数年続けてきたことを、更に継続するということです。まだうまくいえないのですが、継続により深まる、練達するということがある気がします。

 

線が平面に、平面が立体に、立体を多角的に観察するような、そういうイメージです。静かでひたむきな努力を続けていく所存です。

 

聴聞については、如来大悲を一途に聞いていく、お聞かせに与る、これだけであります。そして、時折出て下さる誓いの名声を聞かせて頂きます。

 

②【続いていくということ】については、生死は計らえないというか、事実、現実はわが思いに関係なくひたすらに流れ続けていく、こういうことを感じます。

 

健康診断で引っかかったのは、目でした。自覚症状が全くなかったので、驚いたのですが、今のところ、問題はなかった。

 

一方で、成るようにしかならない、と思うのです。【業縁のもよおし】と呼んでよいかわからないですが、そういうことがこの世には起こってしまう。

 

どうしてこんなことが起こってしまうのか、なぜこんなことになってしまったのか、といくら考えてもわかりません。

 

僕自身、自分の意思で生まれた覚えは全くなく、気がついたらこの世におったのであります。そうして、何とか今日まで過ごしてきた。平坦な道ではなかった。色々なことがあった。

 

この世に居ると、身に覚えのない理不尽なこと、不可解なことが次々に起こる。痛みが何度も押し寄せてくる。手応えのなさ、無力さ、むなしさに押しつぶされそうにもなる。一方で、自分の意図しないことで、人様に手数をかけさせてしまう。過失、失念も起きる。

 

縁起、因果律と云われてもピンと来ない。しかし、自分の意思に関係なく、起こることもあるし、起こらないこともある。縁起は縁起の法、ダルマともいわれ、ダルマとは道理であると聞く。道理とは、不可逆的な流れ、狂いなき精緻さを具足するものでありましょう。

 

不可解な現世におりながらも、終局の時が来るまで、不思議と自分の生存が続いていく。生存はわが計らいの外にあるものです。帰命無量寿如来、いのち限りなき如来阿弥陀佛のことを申します。

 

自分を今ここに現存させている、今日まで現存させてきた力用と、自分に念佛申させる力用は同じ依所から出発し至り届いているようです、どうやら。

 

どうやら、というのは、齢39では、このところはまだ実感が持てません。

 

ただ、自分に念佛を申す、佛の名を称える心が皆無である、本当は何を求めているのかさえもわからない存在である、ということは、如来のお照らしによって知らされるところであります。

 

如来智慧なり、光明なり、という親鸞聖人の言葉があります。照らして下さる智慧の光明であります。

 

続いていく、ということは、自分の力ではないのであります。黒板があるから、チョークで文字や絵が書ける。なかなか黒板に目が行かないものだ、と藤谷秀道先生の法話のテープで拝聴したことがあります。まず黒板がある、ということです。歩く前に大地がある。

 

続けていくこと、続いていくことを確かめていく一年になれば、と思います。

 

引き続き本年も宜しくお願い致します。

 

南無阿弥陀

 

 

今年のふりかえり

昨日は仕事納めで、大過なく終えることができました。

 

なかなか忙しかった一年、光陰矢の如き年でありました。

 

少し確認したいので、つらつらと書いてみたいと思います。

 

1月 アシスタントが退職、自分は体調不良で発熱、PCR検査、陰性であった。 

 

2月 新しい会議体を主催、業務が追加となる。

 

3月 新しい読書会の機会があり、参加。決算月への準備を進める。

 

4月ー5月 忙しくて何も覚えていない。毎月の読書会にも参加できなかった。有縁のお寺にもあまり行けなかった。

 

6月ー9月 少し落ち着く。企画と他部署支援の業務が増える。アプリ管理者を担う。異業種交流も段取りする。新しい決済手段のテストを実施、完了。みちのかいの準備。

 

10−12月 新しい決済手段の本稼働。RPAのテスト。業務改善を進める。10月末に第5回みちのかい、無事閉会。社内研修があり、対応。

 

正直、あまり覚えていないんですよね。本当に。これは昔からですが、幼い頃の記憶がほぼないし、大学の記憶もあまりない。

 

社会に出てからの方がまだ記憶がある気がします。まぁ、色々なことがありました。

 

 

身体的に多少無理したみたいで、ダウンもしましたし、最近も健康診断で引っかかりました。

 

一番悪かった項目について、昨日検査を受け、問題ないと医師からお言葉を頂きました。

 

自分は痩せすぎで、高校生くらいから、ずっと今くらいの体重です。来年は筋肉を増やして、体重を増やせるようにしたいと思います。目標60キロ、あと5キロ増やさねば。

 

39歳にもなると、身体的な無理が徐々に効かなくなってきつつあります。ただ、思考については、後ろに引いて全体を俯瞰したり、論理的に整理したり、利害調整に注意を払ったり、と、20代の頃とは違う観点を得つつあります。

 

多分、年の功というやつだと思います。

 

真宗に関しては、分かったつもりでやってきたのですが、【何にも分からない】ということがいよいよ知らされるばかりで、

 

今年もできるだけ聴聞に身を置くということを心がけてきたのですが、ほとんど内容がなんであったかは忘れています。

 

ただ、言えることは、【念佛申さざるを得ない身を忘れるな】と【常に念佛しなさい】ということを教わった気がします。

 

真宗の信心は、他力回向の信、これはなんぞやといえば、念佛の信心。念佛申さんと思い立つ心。

 

自分には念佛を申す心が微塵もない。信心が無い。

 

これが真実信心天、智慧の光明のおはたらきであろう、と思うのです。

 

信心を行信と申します。これは念佛の信心であります。

 

先述の通り、結構忙しいです。仕事は裁量権を持ちたいし、指示されるのは好きではないので、できることを考え、実際に進めて行きます。

 

ただし、これらは【夢幻の如し】ということは一方ではわかっているわけです。でも、何もしないわけにはいかないので、やはり、具体的に動きます。現身がありますからね。自他ともに問題が沢山あります。

 

まとまりませんが、おかげさまで、何とか一年を過ごすことができました。このブログをどんな方が見て下さっているのか、存じ上げませんが、ありがとうございました。

 

 

引き続き宜しくお願い致します。

 

憑むべきは弥陀如来、依るべきはただ念佛一行。南無阿弥陀佛一つをたもつ、たもつとは称えつつ聞く、これ一つです。

 

寒くなりました。くれぐれもご自愛下さい。よい年末年始をお過ごし下さい。

 

ではまた。

 

南無阿弥陀