むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter https://twitter.com/oujouwogosuru?s=09 

再び原点を掘り起こす

10/30(土)31(日)開催予定の第5回みちのかいのテーマについて、

 

【再び原点を掘り起こす】とさせて頂きます。(こちらについては、現在案内状を作って頂いており、もう少しお時間を頂戴します)

 

このテーマについて記載したいと思います。

 

第4回のテーマは【原点の迷失】でした。

 

つまり【原点を常に見失うわれら】なのです。

 

【忘却する】といった方がいいのかもしれない。

 

宗教の問題は【心】だと思っていたのですが、違いました。

 

これは【存在】の問題だと思うのです。

 

僕らは【現し身】を持っていて、各々が生活をしている。

 

この【現し身】が展開する生活の相に【心】も包含される。

 

【現し身】といっても自分の身だけではなく、世間、世界を含めた身、つまり【現実】であります。

 

身土不二でしたか。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%BA%AB%E5%9C%9F%E4%B8%8D%E4%BA%8C

 

身と世界は分けられない。身は世界に属するものであり、土は身が展開する世界。

 

しかし、身土を身土足らしめるものがあります。

 

前者の土は世界を意味しますが、ここで述べたいのは【大地】であります。

 

衆生が、植物が、育まれ、水の潤いを含んだ大地。

 

大地がなければ世界はない。

 

大地とは法性であります。法性がおすがたを選られたのが【大悲】であり【智慧】であり【如来】であります。

 

これらを一句でおさえた真実の言葉が【南無阿弥陀佛】であります。南無阿弥陀佛といっても【互いが称えさせられ、聞こえて下さるお念佛】のほかに南無阿弥陀佛はありません。

 

つまり、【大地を迷失している】と思うわけです。

 

それを掘り起こしたいわけです。

 

忘れてはならぬ、何度も、何度でも、大地に帰らねばならないのです。

 

 

みちのかい、という集まりは、市井のひとびとの集まりです。オンラインとなりますが、共に身に引き当てて聴聞する機会にしたい、と僕は思います。

 

 

昨年はツイッターでやりとりが始まった方がお一人参加して下さり、お一人が問い合わせして下さりました。

 

 

何かあればどうぞコメント等で問い合わせ頂ければ幸いです。

 

南無阿弥陀

 

 

 

 

 

 

 

聴聞の場が起こることについて

・人を信じるということ

 

・現場のど真ん中から「人間」を考える

 

・いったい何のために仏法を聞いているのだろう

 

・原点の迷失

 

 

これまで年に一度、4回開かれてきた会座があり、その年毎のテーマが上のものになります。

 

1回目は参加者として、2回目以降は、会を開く一員として関わらせて頂いています。

 

そして、今年も10月の終わりの土日に【オンライン】(ZOOM)でありますが、5回目の場が起こる予定です。

 

場が起こるということ、は当然のことではないのだな、と感じます。そこには場を開きたいというひとがいて、何らかの思いがあります。そして、やりとりがあります。

 

場を開きたいというひとにも、生活があり、営みがあります。忙しいのであります。コロナ禍なので実際に何度もお会いして打ち合わせを行うというのも難しい。

 

実際に色々な負荷がかかるのも事実です。

 

それでも、やりきろうと思い立つのは、なぜか?

 

先生が僕らに応えようとして下さるから、です。

 

呼応というか、応答というか。

 

時と人と場が揃って法が説かれる、法を聴聞させて頂くということが起こる。

 

法のはたらきの普遍性は人間とのやりとりにおいて主として感じられる。

 

それは言葉かもしれないし、すがたかもしれないし、佇まいかもしれない。

 

しかし、ふと(法がはたらいておられる)と知らされる時がないわけではありません。

 

うまくいえないのですが、続けてきた会座には人間が居るなと思うのです。

 

それぞれの苦悩を抱えておられる人々が居る。そして、その中のひとりが自分であると。

 

また確定次第、ブログとツイッターで改めて案内させて頂きます。もしご興味があれば、コメント頂ければ個別にご案内致します(書込みは非公開とさせて頂きますのでご安心下さい)

 

南無阿弥陀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨音が聞こえる


f:id:nanashi-0:20210909062323j:image

 

今、雨がしとしと降っています。

 

雨音が聞こえます。

 

雨音が聞こえる=雨が降っています。

 

イコールでありますが、前後があります。

 

雨が降っているから雨音がするのです。

 

念佛が聞こえて下さる=念佛させてやりたいと憶いづめの方がまします。

 

なぜなら自分には念佛申す心が皆無だからです。

 

ない、ということ、と、あることなし、は

 

違います。選択肢がない、のと、

 

選択肢すらない、のでは違います。

 

念佛申さざるを得ない身は、あることなし、であり、選択肢すらないのであります。

 

滅尽といいます。

 

道が滅んでいる。いや、最初から滅んでいたにもかかわらず道があると錯覚していた。

 

いや、今も錯覚から逃れられない。

 

しかし、錯覚していると知っている。

 

錯覚を錯覚のまま超えさしめられる。

 

これを横超と言ってみたい。横超とは他力を表す。

 

大悲の雨が降っているから、念佛という雨音が聞こえて下さる。

 

念佛は称名即聞名であります。

 

2回目の接種から一週間。左腕がまだ少し疼きます。

 

南無阿弥陀