むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter https://twitter.com/oujouwogosuru?s=09 

この世界に所属するということ

最近はTwitterも頻度が減ってきました。

 

なぜかなと思うと、ご利益によるのだと思うのです。批評家に陥りたくはない。言葉だけでなく、言葉と行を以て現実に向き合う時、問題は他者ではなくて、自身だと思うのです。

 

他者のことを批判できる者なのか、と。

 

ご利益とは何か、それは、自分は全き凡夫であると徹底的に知らしめられることです。

 

凡夫とは現実を生きる人のことだろう。

 

親鸞聖人は真宗にも生きる上で身に得る

 

利益(りやく)が十あると云われている。

 

要は入正定聚の益である、と。

 

定まるというのは何が定まるのか。

 

凡夫であることが決着するのであって、心境が定まったり、立派なひとになることでもない。

 

ただひたすらに現実を生きていく、自分の在り方に葛藤し、涙を流し、痛みを感じ、煩悩から脱却することもなく、齢をとり、病気になり、力なくいのち終わっていく。これは誰かの話ではなくて、自分のことである。

 

僕自身はこの先、残りの生存に何も期待していない。長ければあと40年くらいだろうか。多分この先も期待することはない。

 

ただこの身が終わるまでせいぜい苦しみながら、有縁のひとと共に聴聞しつつ、無仏法のともがらと共に仕事をし、社会に交わり、力なく終わりたい。

 

信者になるつもりは全くない。誰かを教化するつもりもさらさらない。専ら南無阿弥陀佛の大悲を念佛申しつつたずねていくのみ。

 

かっこいい大人が、まだ居るのだ。額に汗をかき、体を張るひとがいるんだ。

 

 

そういうひとのすがたが僕の心を射貫いて道を求めることが始まった。

 

稲妻が閃く、という出来事が人間には起こり得る。16年が過ぎた今もその時の驚きは響いている。

 

鍵山秀三郎という方が道端に横になり、無心にゴミを拾われているすがたを見たとき、生まれて初めて思った。

 

ここに大人がいる、と。

 

 

大切なであいがあったという原点を忘れずに、心境に酔いながら、その酔いを自覚自認し、できることをしていこうと思う。

 

酔いを酔いと告げ知らせてくださる光が今ここに確かにある。言葉にまで、声にまで成って下さり、喚び詰めに喚んで下さるから、念佛を申すことが起こる。無根の信が照らし出して下さる、汝凡夫なり、我が名を称えよと。

 

 

 

特別なひとになる必要はなくて、そのひとはそのひとを全うすればそれで事足りるのでしょう。

 

僕は僕の場所で、せいぜい世界に抗いたいと思います。一偶を照らすというのは、僕にはこういう意味がある言葉です。

 

聚という言葉に注意を払わねばならない。ともがらなのだ、と。われらなのだ、と。

 

 

南無阿弥陀

 

 

 

歎異抄聴記⑥信心の徹照

なぜ信心をもって肝要とすというかとならば、罪悪深重である。ただ信心だけはいっさいの自力の機のはからいをすてて、自力無効としてもっぱら深く如来をたのむ信心、それに対して罪悪深重という。本願を深く信ずる人はやはり深く自分の罪悪を信ずる。罪悪の深きことを信ずる。この意味をもって「罪悪深重」という(歎異抄聴記p97)

 

罪悪深重を外に見ていた。

 

この手を洗えば、血に染まった汚れはとれると思っていた。煩悩という悪習から離れられると思っていた。

 

できると思っていたが、誤りであった。

 

 

自分の手は汚れているのではなく、

 

【汚れ】そのものであり、【血】そのものである。

 

罪悪深重、という言葉、特に深重については、存在としての決定、決着の意味を有する。つまり、定まるという意味がある。

 

逃れること能わず、洗えばとれるような穢れではない、ということ。

 

極重悪人であるということ。

 

極重悪人とは他者と比べて、或いは社会通念的な悪人ではない。

 

自身における自覚の問題であり、相対、絶対を絶した絶対である。

 

つまり、決して助からぬ身である、ということ。

 

親鸞という人は言葉を遺してくれた。

 

極重悪人唯称佛と。

 

このよきひとの仰せをそのまま頂き念佛を申すよりほかに道あることなし。

 

如来回向の行信。これは浄土のはたらきであり、自分には微塵も浄土を願う心がない。

 

南無阿弥陀

思うところ

法座に身を置くと、時に、頭がこんがらがるというか、部屋の中がとっ散らかるような、そういうことがあります。

 

今日が当にそれでした。オンラインでもこういうことが起こるのですね。

 

はからいが間に合わないのですね。多分。

 

わかっていたつもりが、全くわかっていないというか。

 

ただ一つ去来することは、

 

【自分は全く助からない存在である】ということが要なのだなということです。

 

助かりたい、楽になりたいのです。もう終わりにしたい。葛藤を味わいたくない。争いたくないし、傷つけ、傷つけたくない。

 

そうすると、心境に留まりたくなる。それは楽だから。

 

しかし、やはり、そこには白ける、飽きるわけで、驚きも発見もないわけです。そして、衆生を見失う。自分に力点がはたらく故に。

 

念佛とは浄土真実の行、すなわち、如 来でありましょう。

 

念佛の信心とは、如 去、如にかえらしめるものでしょう。故に信心は娑婆に属さない、と云われるのではないだろうか。

 

如が衆生の上にはたらきい出る時に真実、すなわち凡夫たることを教化するのが念佛であり、凡夫から離れようとするものを何度も何度でも凡夫たる今ここの事実、如に還すのが信心であり、浄土を出発点に衆生にはたらくおはたらきを総じて二種の回向というのだろう。

 

そして、それらはすべて本願を出処としていて、実は一つところから出発している。法蔵菩薩の願心、即ちソノママナリデタスケルではないのだろうか。

 

これは衆生のうえにはたらきい出るものであり、衆生の所有物には決してならない。

 

はたらいて下さる時には、汝凡夫なり、と照らすというはたらきをして下さる。そして、これは痛い。慚愧というのかどうか、はわからないが、

 

凡夫であるという事実は痛みを伴う。

 

しかし、この凡夫は南無阿弥陀佛がはたらいておられる世界にすでに身を置いており、現に今ここに存在せしめられている。

 

不可思議なことだと思う。

 

いのちとはなんだろうか。助からぬわれらだろうか。未だ何もわからない。

 

 

 

できたら来週には、また歎異抄聴記に戻りたいと思います。 

 

ではまた。

 

緊急事態宣言延長化でありますが、基本を忠実に継続し、くれぐれもご自愛下さい。集団免疫が獲得されるまでは、油断なりません。

 

南無阿弥陀