むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

弱さから逃げない

自分は脆いし、弱い。特別な才能など何もない。

 

でも、それでよい。

 

自分は、とぼとぼ自分の歩みを進めるだけ。

 

意味や結果を求める旅は終わった。

 

今、自分の目的と手段は、一つ。決して離れない。

 

だから、今の自分の弱さを否定せず、ともに歩む。

 

ただそれだけでよい。