むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

あの日々があったからこそ今が在る

自分の原点を振り返ると、やはり、

 

何もかも間に合わなくなった1年あまり、のような気がする。

 

今思えば、あの日々があったからこそ、再び仏法とご縁を結ばせて

 

頂いたと思うが、やはり、孤独であり、辛く、むなしい日々だった。

 

ただ、肉体が生きているだけのような、そういう日々だった。

 

それに引き換え、今の自分の状況をみると、

 

何もかも足りすぎていて、おかしいなぁと思うほどである。

 

恵まれすぎている。少し気持ち悪い。

 

あの日々は、決して無駄な時間ではなく、

あの日々があったからこそ、今がある。こう思っている。

 

ただし、現状もしばらく、ご縁がある間のことで、永く続くことはない、

だから、おぼれてはいけないし、いつ失ってもよい心の準備を

しておかなければ、と思うことである。

 

こう思っていても、現実を突きつけられると、受け止めたくないし、

避けたい。逃げたい。悲しい。こういう思いがわきあがってくるのだろうなと

思う。それが正直な自分の有様だし、それでいいのだと思う。

 

心は変わり通しのため、今思っていることが、次の瞬間、刹那、

もう変わっているし、普段、自分が如来のことを思うことはほぼない。

 

しかし、自分が何一つ分からなくても、

何一つ間に合わなくても、かまわない。

 

如来まします。

 

このこと一つで、あとは野となれ、山となれ。

 

如来とともにわれはゆくのみ、と頂いております。

 

本願とともに。南無阿弥陀仏

 

16/06/16追記

 

物事、出来事、一切を無駄にしてきたのは、我(が)の心。

 

その我の心のさえも、包む弥陀の大悲。

 

観仏本願力 遇無空過者 本願力に遇いぬれば むなしくすぐるひとぞなき。

 

本願はまことなり。如来の言はまことなり。摂取不捨の真言まことなり。

 

弥陀の本願、われ宿業に成就せり。