読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

ともに歩もう

いまだに、人をうらやむことがある。

 

自分はこれでよいのだろうか?なぜ、あの人のようになれないのだろうか?

 

そのとき、声が聞こえる。

 

「お前はお前のまま行け。我、汝と共に、汝の足となり、汝と共に歩まん。

 

 汝の後生、この弥陀が引き受けた。

 

 今生では、つらいことも悲しいこともあるだろう。

 

 しかし、たとえ、お前のことをすべてのものが否定しても、そしっても、

 

 この弥陀がおる。だから、お前はお前のまま、歩んでゆけ。大丈夫だ」

 

 弥陀の本願。

 

 わたしいちにんのための本願。十方衆生いちにんいちにんのための、本願。

 

 選択本願念仏。

 

 自分は誰にもなれない。たとえ、なれたとしても、私ではない。

 

 私は、私のまま、宿業を引き受けていく。いのちを歩んでいく。

 

 ただし、もう一人ではない。常に共に歩む方がいる。

 

 大丈夫。弥陀が受け持つ。その声をたよりに歩む。ひたすら歩む。

 

 弥陀に任せ、弥陀を信じる。それを南無阿弥陀仏という。念仏という。