読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

ひかり

通勤の途中、いいなと思う風景がある。

木々があって、陽の光がその間を抜けて差している。

 

光の柔らかさと力強さを感じる。

 

仏の光を光明という。

その光明は、特定の場所、特定の人のみを照らすもの、などでは決してない。

特定の人が絶対的な善知識でもない。

 

説いてくれる方も、聞かせて頂く人も、

共に凡夫である。

ここは、法灯明という言葉で、手当をして下さっている。

 

 

一切平等に、

十方世界に(あらゆる世界)、

十方衆生(すべての生きとしいけるもの)が、光明を

蒙っている。

 

これを、阿弥陀仏の本願と云う。

 

願成就には、已、今、当の遅速がある中、よくぞ今、

遇い難くして遇うことをえれた。

 

これからも、ただ、とぼとぼと念仏と共に生きていきたい。