むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

もう十分(16.03.15追記)

空が青い。

 

鳥が飛ぶ。

 

自分は歩く。

 

陽は昇り、光が射す。

 

これで十分だと思う。何が不満だったのだろう。

 

何を厭う必要があったのだろう。

 

これでいい。これがいい。十分だと思う。

 

16/03/15追記

結局、自分の人生を苦しめていたのは、何より自分自身だった。

誰も自分を責めない。攻撃もしてこない。命を奪おうともしない。

しかし、最も厄介で、味方だと信じていた自分自身が、最大の敵、仇だったとは。

ただ、それさえも許容し、存在を肯定する、如来の大悲に遇えたとき、

それまでの一切の歩みは、全て報われた。

本当に良かったと思う。

摂取不捨の真言、超世稀有の正法、聞思して思慮することなかれ。