読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

何もなくてもできること

足るを知る、ということ。どんなに豊かな暮らしを送っていても、

その心が、幸せだと感じることができなければ、それは幸せとは云えないだろう。

 

その逆も云える。どんなに貧しくても、笑顔ですごせて、感謝できるならば、

その人の心は豊かだと思う。

 

でも、ないなら、ないで、できることもある。

 

ない、ことを嘆くより、今、あることに目を向けて、大事にしたいと思う。

 

お金がなくてもできること。

あいさつをすること。感謝の言葉をかけること。笑顔で接すること。

心をこめて、目の前のことに向き合うこと。

 

実は、沢山、沢山あると思う。でも、それをずいぶん粗末に扱ってきたなと思う。

 

また、それを自分が認知できなければ、それは在ってもない事と等しいと云える。

 

自分には何もないけれど、何もない故に、今できることを大事にしたい。

何もできないからこそ、目の前のことに心を尽くしたいと思う。

全然分かり合えないからこそ、相手のことをわかってあげたいと思う。

自分はつくづく天邪鬼だなぁと思う。

 

仏法とは、今、現在、ここに存在する私いちにんのための教えであり、

それは、この拙いブログを見てくださる、あなたいちにんのための教えであります。

不思議なことだなぁと思います。

 

本願と共に。南無阿弥陀仏

 

16/09/14追伸

 

お念佛とは、口に「なむあみだぶつ」と申して、耳に「なむあみだぶつ」と

聞くことであります。お金もない、地位もない、名誉もない、

誇れるものは何一つない。悪が止まらず、差別も止まず、

善も分からず、他人への共感性が根本的に欠落している。

そういう私のために、如来が「余行-一切の行」を捨てて、

「唯一行」を選んでくださった、これを選択本願の念佛と申します。

 

お念佛は、とき、ばしょ、人、性別、一切を隔てない。如来のよびかけです。

その呼びかけが、わが身に響く。

その時、本当の人生が始まります。そのことを、

即得往生 住不退転と申します(大無量寿経

 

それが始まるのは、死んでからではない。「ただ今」だ。

 

どうぞ一声でもかまいません。お念佛申してください。

 

こんな力のないブログを続ける、

名もなき男とそれを支える如来の大悲の切なる願いです。