むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

声が届く

誰かを変えよう、変えようとしていた。

 

思い通りになると思っていた。

 

違うなぁ。

 

いくら変えようと思って、何かをしても、がんばっても、何一つ変わらない。

 

なぜか?

 

思いが届かないからだ。変わるか、変わらないかは、

 

相手に委ねられている。相手が変わるとしたら、相手が何かを感じるからだ。

 

声は届かなければ、声にならない。それは音である。音にすぎない。

 

声を聞こうと思う。観音さまが耳を澄ましているのは、そういうことだと思う。

 

そして、思いは言葉を通して、身を通して、はじめて響いてくる。

 

そのときがある。観音さまはそのときを待っている。

 

本願とともに。なむあみだぶつ