むなしさとともに

一切の悲しみが尽き果てるまで、共に歩む twitter(@oujouwogosuru)

にんげん

新たな船出

土日はTA(交流分析)の一泊二日の研修に 参加しました。 目的は、どうすればうまく他者とやりとりができるのか、という技術と知識を学ぶためです。 知らないことばかり、人間の洞察、分析の鋭さに驚きました。 また自分の認知、認識能力、言語、表現に癖が…

身につける

曽我量深先生の言葉、 往生は心にあり、成仏は身にある、と。 身とは、今この身であるし、土でもある。 自分はこの土に属している訳で、自分と 無関係に土がある訳ではない。 僕は思うのです。悲しく、辛い生存は この一期で終わりにしたい、と。 もう差別、…

超えていかねばならない

最近はTwitterを見ることが多く、色々な人のつぶやきを見ています。 それを見て思ったことは、どうにもならないことが存在するということです。 どうしてその人はそんな目に合わねばならないのか?どうしてそんなことになってしまうのか? 答えは、全く分か…

競争、喧騒との対峙

人間である以上、社会との関わりを断つことはできない。 社会とは、他者との関係性である。 他者との関係性とは、やりとり、である。 組織に属していると、競争は避けられない。外部との競争はもちろん、内部でも然り。 そこには人間関係や感情、相性、価値…

わが存在の滅尽を望む

僕個人について、述べる。 他の方には一切関係なく、僕いちにんの 主観的雑記である。 僕は生存していることそれ自体が、 とても悲しく、痛い。 他者から奪わずにはおれない。 有情を食べなければ生きていけない。 都合の悪いひとを邪魔であり、無能なひとと…

今、ここで、如来は何と仰っているかを聞くばかり

今、ここに存在する、助からぬ自分に、 如来が何と仰っているかを聞くのが、 聴聞である、と 思う。 南無阿弥陀佛とは、タノメタスケルの仰せ。 わが名を称えよ、との仰せ。 故に助けられるよりほかに道なし。 僕にはもう道が残されていない。 それだけの余…

今もまだ道を求めている

忍耐は徳目である。と最近感じる。 徳目の基礎というか、土台というか。 あまりに便利になりすぎて、携帯一つ、 ネットで何でもできて、何でもわかるかの 如く錯覚しがちだがら、わかったというのは 身について、初めてわかったといえるので あり、検索して…

弱い者の祈りと表現

今の正直な気持ち、人間はしんどいな、と。 こう思っています。 どうして、意味のないことに拘ったり、 お互い一人の人間に過ぎないのに、争ったり 衝突したりすることが止まないのだろうと。 そして動植物を摂取しなければ保てない身。 煩悩と呼ばれる心の…

追記あり こんなところへ来てくれて有難う

アクセス分析とやらを見ると、 グーグルからお越しくださる方が70%、 フェイスブックからも2%見て下さるようで、 有難うございます。 こんな変なブログへ(笑) 謎ですね(笑) フェイスブックも何となくおっかなくて してないのですが、どういう経緯なので …

stay at home

緊急事態宣言が出ました。生活にも影響が 出て、制限を感じます。 でも、家にいましょう。 このコロナウイルスは、人の動きを媒介に 伝播する。 https://www.washingtonpost.com/graphics/2020/health/corona-simulation-japanese/ イメージがまとめられた記…

不退転の意義

一切は移り変わる。 このことは終末のように思っていたが、 違う。自然な流れであり、 健全な流れである。 ここまでのことは考えてもみなかったが、 まず資金に関しては、窮することはない。 何故なら継続して蓄積してきたものがある ので、防衛資金も確保し…

追記あり 互いに今できることをしたい

過去は過ぎていった。 未来はまだ来ていない。 今は過去から至っていて、今から未来に 至る。 今は、自粛や規制があって。 実際に、感染症でいのちを失う人が たくさんいて。仕事もできず、資金に 窮し、途方にくれている人も多いと思う。 自分は、感染しな…

専修念佛

如来の勧め。無量寿佛の御名をたもて。 これを相続させて頂くより外にいずれも 道なし。念佛が導き、育ててくださる。 汝、この道を行け。我能く汝を護らん。 この言葉を聞き、決定してこの道を行く。 特別な心境はなく、ただこの大悲の一声、 一声を聞くば…

追記あり 忍耐と智慧

自粛要請。 世界中の人々がほぼ同時に、欲しいままの 心を抑えねばならない時節が到来した。 経済の停滞を見て思う。我々は世界に住んで いて、世界はつながっている、と。 即ち、自分だけ、 自国民だけの問題ではない。 連帯の問題。自分だけ良ければいい、…

力が抜けてきました

何だかですね、 宗教的なことを書こうという気持ちが 全然ないのです。 何かそういうの、もう、いいやって。 正直、世間と出世間とを分ける必要が ないのです。世間が出世間で、出世間が 世間なわけで。 僕はただ、僕を死ぬまでやろうと。 それだけなのです…

力を借りる

一人ではなんにもできない。 周りの方の力を借りる。 できることは一所懸命やる。 力を借りたら、深く感謝し、お返しできる よう、努める。これを繰り返していく中で、 衝突があったり、誤解もあるが、次第に 関係が築ける。仕事上の関係でしかない けれど、…

光は見出した者の上に在る

未知の感染症。但し、過剰に恐れたり、 過度な不安を抱く必要はない。 しっかり情報を確認する。 物流の停滞。株式市場の暴落。 心身への負担。試験の取り止め。 厳しい状況になっているし、 何時まで続くのか、目処は立つのか? 色々思うところがあるが、や…

追々記あり 新型コロナウイルスを正確に認識するには

新型コロナウイルスに関して、以下の 行動を提案します。 政府官邸https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html 或いは、厚労省 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html 国立感染症研究所 https://ww…

諸行無常

ちょっとだけ。 一切は移り変わる。時間も世界も、 人の心も、情勢も。 過度に不安にならず、自分のこと、 自分の家族のことだけを考えず、 少しだけ周りの様子を見て、 余裕を無理やり掘りにでも起こし、人に 親切に対応し、 できることを粛々淡々と行いま…

3月半ばまで休みます

たびたびすみません。暫く休みます。理由は、資格受験のため、です。大したものではないのですが、まず足掛かりとして、取らないといけないものがありまして。 知ったこと、と、できることは違う、と言われます。もし知っているならば、できないと意味がない…

追記あり 共に助けられること

自分だけ助かるとか、他の人をさしおいて、自分だけ良い目にあうとか、味気ないと感じる。やはり、共に生老病死を抱えた苦悩の存在であり、故に如来から大悲されている。このことを忘れてはいけないと思う。身体の不自由な犬を見る。先立って死んだ魚を見る…

同じ地平に立つ

上下の関係は、疲れる。気を遣うし、嫉妬、ねたみ、そういうものが起こるのは、関係性を縁として起こる。上下でなく、水平。同じ地平に立つ。 君も苦しいのか。悲しいのか。むなしいのか。 僕もそうだ。むなしさが消えぬのだよ。人間であることが、痛く、悲…

念佛がはたらいて下さる相とは

とるに足らない会話。掲示を見てくれたこと、好きなドラマを教えてくれること。アドバイスを聞き入れて下さり、具体的に物事が変わる可能性を感じること。 音響忍という言葉もある。何を感受するかは、自分次第なのだろう。 ストロークという概念がある。存…

我能く汝を護らん

南無阿弥陀佛とは、今、ここで、自分を持て余して、どうしたらいいのか、途方に暮れている僕に、我能く汝を護らんと仰って下さる佛語である。 悲しいかな、自分でありながら、自分を始末することができない。だから、浄土に往生させ、煩悩を除き、佛にするか…

後生以外は憑まない

世俗化までした宗教こそ根が深い。どこかの神社のご利益とか、縁起物とか。自分には全く必要ない。一向とは雑ざらない、躊躇がない、後悔しない、二心なく一心である。後生以外に佛を憑むことはない。この世では精一杯自分をやるだけだ。病気だろうが、馬鹿…

挫折を通して道が定まる 追記あり

人間にとって最も大切なことは何か。僕は、その人に道が定まっているかどうか、だと思っている。道というと、抽象的に思われるかもしれないが、道とは、方向であり、原点である。至るべきところ、現在地、自身の現実、これらが見えているかどうか。三者を把…

原点に帰る

年頭につき、自身の抱負を記す。原点に帰る。この一年はこういう年にしたい。こう思うのには、二つ理由がある。 ひとつめに、最近、しきりにこう思う。基本が大切である、と。達人で基本を疎かにされた方は、恐らく、ただの一人もいないはずだ。須く基本に徹…

人間の罪、自分の罪

夕食の準備のため、買い物に出掛ける。沢山の人がスーパーに来ている。陳列された棚に微かに動くものがある。活きエビが並べられている。弱々しくもまだ確かに生きていた。 水揚げされてからどのくらい、生きていられるものだろうか。 少し立ち止まり、すま…

助けられている

独りでは生きていけない。必ず誰かに力を借りて、毎日を送っている。だから、情けは人の為ならず。誰にも迷惑をかけてはなりません。こう教わってきましたが、僕にその生き方はできませんでした。沢山の人に支えられ、いのちに支えられ、今を生きています。…

もはや道なし

念佛の他にわれ道なし。まことの大悲の仰せに従い、念佛して生きていくよりほかに何もなし。宇宙の一切から見捨てられても、如来常にわれとともにまします。この一点は不退である。疑いあることなし。煩悩の根本を破る、汝を必ず浄土に生まれさせると誓って…