むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

まことの人から聞かずにおれない

本当に如来の意を説いてくださる方の話は、

 

聞かずにはおれない。

 

そこに血が通っているから。時には涙も出てしまう。

 

本願には、選択本願念佛には、血が通っている。

 

躍動し、生きている。

 

善知識は、特定の個人だけを指すのでは、決してない。断言できる。

 

本願は今も沢山の善知識、本当に如来に出遇った人を生み続けているから。

 

たったひとり、特定の人物に限らない。これは断言できる。実際にそういう方に、

 

本願に出遇った人に幾人も出会っているから。本当に不思議なことです。

 

もし本当に行き詰ってどうしようもないのであれば、自分の知っている有縁の

 

先生、あるいは本等をお伝えしたいと思います。力になるかわかりませんが。。

 

これも不思議なご縁だと思います。同じ時代、同じひととしてともに

 

生きることに感謝致します。

 

コメント等頂けましたら、自分の知っていることはお話し致します。

 

合間をぬってお返事等になるかもしれませんが、もしよければ、

 

正直な気持ちを教えてください。直接アドレスを記入頂けば、

 

そちらへメール等致します。頂いたコメントは非公開と致します。

 

自分のお返事は共通性、普遍性があれば、このブログにてお返事いたします。

 

一切の有生はみなもって世々生々の父母兄弟なり(歎異抄第五条)

 

上下貴賎ではなく、水平平等に、ともに弘誓の佛地に樹たんことを。

 

本願とともに。南無阿弥陀仏