むなしさとともに

徒然なるままに、真宗の味わいを書いていきたいと思います。不快な方は、予めご遠慮ください。

土台を大切にする

幼いころ、スポーツ、勉強をするにしろ、基本をないがしろにしていた。

 

意味がわからないから。地味で目立たない。

 

歳をいくばくか重ね、ようやく気づく。

 

基本とは歴史であり、歴史には歩みがあり、根拠がある。

 

お釈迦様にせよ、イチローにせよ、道を歩み続ける方に共通して、

 

いえることは、おそらくどんな小さなことでさえも、おろそかに

 

しない。一途に心を込めて取り組むのだろうと思う。

 

浄土真宗の行は念佛一行とはいえ、自分の現実に立ち返ると、

 

ほかの行をかなりおろそかにしていると思う。

 

言葉、挙作、動作。文字。不十分だ。

 

一つ一つ、自分にご縁のある物事、人とのかかわりを通して、

 

自分自身が問われてくる。出来事が如来として、自己を問うてくる。

 

これが浄土真宗の特徴だと思う。

 

もしも問われず、まなこが外に向き、他人のよしあし、愚痴、

 

不平不満しか、浮かばないのであれば、

 

それは全く聞いていないことになるだろう。なぜなら、

 

自分の都合でしか聞いていないからだ。そのまま聞いていない。

 

思いによって、歪曲している。

 

法が歪んでいるのではなく、自分の思いが歪めている。

 

どれだけ聴聞を重ね、よろこんでいても、自分の思いは救いには、

 

一切関係がない。

 

思いは思いに過ぎない。

 

妄想顛倒のなせるなりと伺う。

 

ひとつひとつ、確かめていかなければならない。

 

本願とともに。なむあみだぶつ