むなしさとともに

徒然なるままに。自分のために、そして、いつか如来に出遇う誰かのために。

ひたすら教化を受ける

仏法は広めるものではなくて、広まるもの。

 

それは、最も教化を受けた者から自然に広まるもの。

 

和田先生の言葉。

 

そもそも自分は伝えられる力がないのだ。

 

自分は教化を受けるもの、

どうか念佛してくれと呼びかけられているものなのだから、

それに相応してただ念佛申す。それしかないし、

それが如来の仰せを聞くということだと思う。

 

眠りこけても、訳のわからないことをしても念佛申す。

 

そこに帰る。何度でも。

 

浄土は生きているものに

なくてはならないものだと聞かせて頂いた。

 

あるかないかではなくて、どうしてもなければならないもの。

 

方向であり、本当に帰るべきところであり、本当に受け止めて下さるもの。

 

それを無量寿如来と申す。寿命無量、光明無量は誰のためのものぞ。

 

親鸞いちにんがためとおっしゃり、助からない私のための

御本願と聞き、ただ口になむあみだぶつと申す。そこに如来

決定往生の声を思いをなす。如来選択の称えやすくたもちやすい名号は

誰のためのものぞ。いつでもどこでもどうなっても決して逃さぬ如来

おるぞよ。

 

本願とともに。南無阿弥陀